ゼロ君の体重と・・・

e0292102_85353.jpg


     この頃~


e0292102_862114.jpg


     カメラ目線で対応してくれる
     めんこいゼロ君~


     ナント体重38キロ!!!


     じゃれ合っている男同志2ワン分↓

e0292102_89531.jpg


     チョビ+プーの重さ分がゼロ君の体重


     因みにワタシの体重は~
     チョビ+フクプーポー・・・・・
     入れたくないけど+マルちゃん

     ワタシの重さはぷぷぷ~この位です~よ!




     PS

       昨夜は『生き物にサンキュー!!』を見て
       笑ったり泣いたり~

       うちも~うちも~と思う事がいっぱいでした


e0292102_8193692.jpg


       我が家のフクプーポーも
       『ツンデレ』で――――――す!     
[PR]
Commented by はな母 at 2015-05-14 09:44 x
ゼロ君がいると チョビちゃんほんと小さく見えますね(笑)
38㎏だけど シャンプーとかで濡れると細~くなるんでしょうね~

見ましたよ~『生き物にサンキュー!』
ほとんど『その通り!』って感じでしたね(^^)
うちのはなもツンデレですよ~
自分から人にあご乗せて甘えたりしないし 
喜んでお耳ペッタンした事ないし
尻尾もフリフリしないし・・・^^;
でもお友達の柴ちゃんは お耳ペッタンだったり
自分からナデナデして~っていく子もいるので
その子の性格なのかな・・・

ハッハハーさんちで 一番のツンデレ被害者は・・・
チッチチーさんかな?(笑)
(娘さん帰ってる時と そうでない時の違いで)

緑内障は気を付けねばなりませんね!
Commented by pukurin at 2015-05-14 17:42 x
ふむ、ふむ
チョビ+プー=38kg
それにフク+ポー+マルでハッハハーさん
なるほどぉぉぉぉ~ってわからんわーーーーー(笑)

緑内障って怖いんですね
すっごく可哀想だったけど、ミッチーはあのご夫婦のワンコで幸せだね
ラッキーにも優しくしよう(^_^)/
(って言うと、旦那さんにもねってハッハハーさんに突っこまれるな)
Commented by ハッハハ― at 2015-05-14 18:07 x
はな母さんへ
ゼロ君シャンプーは家でやるらしいんだけど
まぁまぁ~大変らしいよ
ドライヤーもね
意外と中身は細いんだよね~毛で着ぶくれしてるように見えるんだよね(ぷぷぷ~着ぶくれだって~ゼロ君ゴメン)

うちのフクプーポーは撫でられるのも
耳ぺったんもするんだけど~
チョビマルゼロ君と比べると
クールです~ヤッパリ違うなといつも思うよ~~~
ハイハイ~ツンデレ~一番の被害者チッチチー殿でござる~
(笑)
ところでこっちは暑かったんだけど
そっちは気温上がらなかったんだね
Commented by ハッハハ― at 2015-05-14 18:15 x
プクちゃんへ
ウムムム~~^^
この計算でいったら38キロ以上はある事間違いなし~
フクポー足しても
マルちゃんの分は入れたくないと思っている
寒がりで冷え性だから薄着はしないとこの間プクちゃんには
言ったけど・・・真夏になったらそう言う訳にもいかないし
・・・と言ってるうちに冬がきて又脂肪をまとうワタシなのだ~~~!
そうそう~ラッキーとついでに旦那さんにも優しくね
Commented by フクラク母 at 2015-05-15 09:57 x
柴犬のツンデレは、洋犬には無い可愛さですよね~。
うちのラクはガウデレですけどね。

ゼロ君の犬種、Dr.倫太郎ってドラマにも出ていますね!
ゼロ君だ~と思いながら見ています。(笑)

そう言えば、チョビちゃんの名前の由来は漫画だと思うんですけど違うかな?
チョビ母さんに聞いといて下さい。
Commented by ハッハハ― at 2015-05-15 19:21 x
フクラク母ちゃんへ
今晩は~~~
そうなんですか~見てないから・・・わからなかったぁ~
ゼロ君母さんもきっと見てないと思う
だって話題に上らないから~
今度教えよう
ゼロ君ち先代犬も同じ犬種だったんだって
ワタシもゼロ君出演してると思いながら今度見てみよう

チョビちゃんは漫画のチョビから
とったそうですよ
今日午後からシャンプーに行ったはず
我が家3匹分とチョビちゃん1匹
だいたい同じ金額なんですよ
by eiko-genki | 2015-05-14 08:23 | 日常の事 | Comments(6)

お母さん犬(フク)、お兄ちゃん犬(プー)、末っ子犬(ポー)とのドタバタした何気ない毎日をハッハハ―が綴るフォトダイアリー


by eiko-genki